女性

効果の持続性を重視するなら美容針|気になるほうれい線を消す

たるみが気になるなら

婦人

ウルセラはメスを入れずにたるみをリフトアップすることが出来る唯一の治療マシンです。この効果は半年から1年ほどと長く持続します。ウルセラはアメリカの医療研究機関できちんと臨床実験を行われているので安心です。メスを入れずにリフトアップしたい方におすすめです。

もっと読む

アンチエイジングの施術

レディー

しわ伸ばしの整形の治療法には様々な種類がありますので、個々の症状や目的に合わせて数多くの選択肢の中から選ぶことができます。ボツリヌストキシンは筋肉の働きを抑えてしわを改善する方法であり、ヒアルロン酸の注入は体への負担が少なく安全です。

もっと読む

美容目的の治療

鏡を見る人

見た目はどの程度変わるか

年齢と共に目立ってくるようになるほうれい線、この症状を解消するためには肌のたるみ、乾燥を防ぐことがポイントとなってきます。というのも、ほうれい線は頬の皮膚が乾燥によって弱り、それがたるみとなって発生していきます。ほうれい線自体を薄くするにはこのたるみを解消し、肌にハリとキメを取り戻していくことが大切なのです。美容整形外科ではこうしたほうれい線対策のためにヒアルロン酸注射や美容針治療が行われます。医療機関での治療ということもあり、安全性は確保されていますし、どちらの方法も処置後すぐに見た目の変化が現れます。素人では消すことが出来ないしわ、たるみも簡単に解消できるとあって患者にとってのメリットが多くなるのです。

具体的な治療例

美容整形外科で行われるヒアルロン酸注射、これは美容成分を肌の内部に直接注入することで肌にハリを与えていきます。メスを使わない分肌への負担が少ないため、術後の副作用も少なくなるのです。手っ取り早く、さらにはより自然な形でほうれい線を消すにはこの方法がベストとなります。ただ、このヒアルロン酸注射の場合、時間の経過とともに効果が薄れることになるため、効果の持続性を重視するのであれば美容針がおススメです。美容針は特殊な針、糸を使って物理的にたるんだ肌を引き上げていきます。見た目には違和感なく綺麗にほうれい線を消すことが出来ますし、何より確実性も高まります。どちらの治療を選ぶかは好みや予算によって異なってきますが、気になるほうれい線を消すためにはこうした美容整形外科の治療を活用するのが適しているといえます。

クリニックでのサービス

ウーマン

近年、人々の美意識の高まりに応じて美容整形を利用する方が増えつつあります。リスクの低い整形が増え、肌を切らずにヒアルロン酸を注射するといった施術が多くなりました。とはいえ医師の技術、費用、その他いろいろなことを把握してから利用した方が良いです。

もっと読む